22年

ちょびが生まれた日から22年。

執事犬お空部隊歴も3年を超えました。


改めて、相棒であったと思います。
執事が我が身に代えても守りたいと思った命でした。



いつかまた逢えたなら・・・・。
そう切に切に願います。







なんと、このブログに張り付けていた動画のほとんどで使用していたアップローダーの
flip clipが6月?でサービス終了になってしまったようで、
現在動画張り付けていたページの表示でエラーになっています。

元のデータが他のハードディスクに入っており、再度アップローダーに取り込んで賽貼り付けという作業が必要(大泣)

ちょっと今すぐには無理なので、ぼちぼちとやって行こうと思います。







この命だけは、自分が守る。

守り方はそれぞれだけれど、命の保護者である限り、
自分の都合で放棄することは、やっぱりダメでしょと思います。


というか、執事的にはぜってー許されねーよっ ←ぼそっと



執事は預かりっコを途中でバトンタッチして、一抜けしたこともありますから、
エラそうな事は言えません。

言えませんけど、

かわいそうだからぁ~
とか
かわいいからぁ~~~
とかで、命に手を出して、
やっぱりむりぃ~~~っ てへ
ってのはやったことはありません。


そんなのそうそうないでしょ?って思えるかもですが、
結構あったりします。。。。


こんなもんだよって奥歯ぎりぎりさせちゃうことは当たり前に日常に存在してます。


削れるのは奥歯だけじゃなく。
形のないものも確実に削られます。

削られて、ささくれて、のたうちまわって、
そういう中で、
自分が信じられる、大事な大事な確かななにかに
支えられていたりします。


たかが犬ですが、ちょびは執事にとって、今も支えです。
今なおほんとうに大事な相棒です。

生きものは、種を超えて、パートナーって言える関係を人と
結び得る命なのだと思います。


生きものをもてあそぶことは、したくないと思います。
そして、そこに加担することも。

複雑で、明確に線を引くことは出来ない場合も多いのだけど。

確かな事を見失わずにこれからもちょびの執事でいられますように。
そう願います。

この記事へのコメント

  • エイ

    お久しぶりです。
    今も側にいる相棒、いいですね。
    ビーは先日、ハチになってやって来ました(笑)。
    時々、現れます。

    住所、変わりはないですか?
    お送りしたいものがあります。
    2012年09月06日 20:44